「できる人」になろう!

仕事ができる人になろう

仕事のスピードやミス

効率が悪い人にありがちな特徴とは、ズバリ仕事の正確さとスピードです。
なんでも早ければよいというわけではありませんが、ある程度のスピードが要求される場面は数多くあるかと思います。
そんな中で、仕事が遅いととても目立ちます。
仕事には慣れているはずなのに、なぜか遅いという人がいます。
仕事が遅いと、できる人とは言い難いかもしれません。

もう一つは、同じミスを繰り返してしまう人です。
ミスは誰にでもあることですが、限度というものがあります。
しかも同じところを何度もミスしてしまうのは、まじめに仕事をしていないと思われてしまうかもしれません。

これらを改善していくことは、できる人になるための第一歩なのかもしれませんね。

自分で考えて動けるか

皆さんは、自分で先のことまで考えて行動できるタイプでしょうか。
職場を見渡してみると、上司や同期からの指示待ちをしている人はいませんか?
自分で考えず、人から言われたことだけをやるような人も、仕事ができる人とは言いにくいかもしれません。
子供ではないのですから、少しでも自分で考えて働くことが重要になってくるかと思います。

また、時間の使い方が下手な人も効率が悪い人と思われがちです。
その無駄な時間を省けば?と思われるような行動をしていないでしょうか?
1日のうちにこなさなくてはならない仕事をどのように片づけていくかは、そのままその人の手腕が問われています。
時間の使い方は、一度見直してみた方が良いかもしれません。